独立を考えているのならe-MACSで起業|安定した収入を得る為に

ウーマン

団体に入るべきかどうか

メンズ

保険請求をするために

柔道整復師になるための資格を取得して、普通に医療施設に勤める場合は、社団法人に所属するという意味が分からない方もいるでしょう。しかし、自分自身で開業するのならば、接骨院(整骨院)の診療方針にも関わりますので、きちんと考えて所属するかどうかを決めなければいけません。日本国内で整骨院を開業すると、柔道整復師会という団体に加入ができるようになります。こちらの柔道整復師会への加入は強制ではなく個人で選べるようになっています。入ることを決めると、そこで初めて社団法人所属していると呼ばれるのです。その一方で、柔道整復師会に加入していない方のことを、個人契約柔道整復師と呼ぶようになっています。しかし、この突然現れた個人契約という言葉がどこからでてきたのかと、不思議に感じる方もいるでしょう。この個人契約という言葉は、接骨院を行なう上で国民健康保険を利用する場合は、取り扱い団体と契約をしなければいけないことからきています。柔道整復師会に加入していれば、システムが用意されていますので、そちらを利用すれば保険を請求が可能です。そして、個人契約柔道整復師のほうは、そのワードの通りに個人で団体と契約をして請求を行ないます。保険請求のためだけなら個人契約でも問題がないように感じますが、柔道整復師会にはこれまでの社会に貢献してきたという歴史があることを忘れてはいけません。そのため、柔道整復師会に入るだけでお客様からのイメージアップになりますので、そのこともきちんと考えて加入の有無を選択しましょう。