独立を考えているのならe-MACSで起業|安定した収入を得る為に

男性と女性
握手する人

高い評価を得るために

会社売却を行う前に、メリットとデメリットを理解したうえでM&Aの仲介業者やアドバイザーと連携を取る事が大切です。また成長基調の継続状態や、外的要因や環境が良好な状態であるか、といった点も会社売却タイミングを設定するうえで、とても重要です。

ハウスクリーニングの起業

スーツの男性

低資金での開業が可能

会社組織に縛られるような働き方に限界を感じている人の中には、独立開業を果たして自ら経営者となる道を選択する例も少なくありません。そうした独立開業にはある程度の資金準備も避けられないため、飲食店など実店舗を必要とする開業では借金をして資金を用立てる人もいます。無店舗営業が可能な業界なら低資金で開業できるため独立を目指す人の間でも人気を集めていますが、中でもハウスクリーニング業界は急成長の分野です。ハウスクリーニングは単なる家事代行サービスの枠を超え、より専門性の高いフロアコーティングや滑り止めといった作業まで含まれます。共働き家庭や高齢者の一人暮らし世帯が増加しているのを背景として、このような家事代行ビジネスの需要も高まっているのです。ハウスクリーニング業界で独立開業を実現させるには技術的なノウハウに加え、仕事を取ってくるための営業ノウハウも欠かせません。e-MACSはハウスクリーニング業を手がけるフランチャイズで、本部が多くの加盟店に仕事を紹介しています。e-MACSに加盟すれば自分で営業を行う必要がなくなり、安定した収益を上げることが可能になるのです。説明会後に契約を経て5日間の研修に参加することにより、ハウスクリーニングやフロアコーティング等に関する専門知識と実技を身につけられます。不動産会社やハウスメーカーと提携したe-MACS本部が、開業後にメンテナンス作業や集合住宅の原状回復作業等の案件を紹介してくれます。e-MACSに加盟した場合は1人でもハウスクリーニング業を開業できる上、40歳以降での独立開業例も少なくありません。一般企業と違って定年はありませんので、e-MACSを通じてノウハウを身につければ一生の仕事にすることができます。お客様に喜ばれる仕事という点でも魅力のあるハウスクリーニングは、今後も有力な成長分野として多くの人材を必要としているのです。

男性

体のケアを一手に受ける

近所に必ず1つはあると言っても良い整骨院ですが、開業の流れに付いて説明します。整骨院を開業させるには、柔道整復師という国家資格を取得する必要があります。また、開業する前に各種手続きが必要な書類がありますのでいつまでに提出しなければいけないのか確認が必要です。

メンズ

団体に入るべきかどうか

国民健康保険を利用して施術をおこなう場合、費用を請求するために保険取り扱い団体と契約する必要があるのです。こちらは個人で契約もできますが、色々なメリットがある柔道整復師会に加入すれば、用意されているシステムから請求が可能になります。